2004年12月02日

32:Wed,Nov 24Salsa練習

≫ ターキーレース ≪

朝8時に近くの公園で子ども達のTurkey Raceがあるというのでご一緒させていただいた。Turkey Raceとは、徒競走、つまりかけっこで、Thanksgivingの前日にアメリカの小学校などで行われるものらしい。この日はTurkey Raceだけで、特に授業は無く、自分の番が終われば帰ってよいようだ。日本の運動会のような雰囲気とはかなり異なり、8時になっても始まる気配も無ければ、まだ来ていない子も多いようで、実にのんびりしている。

72
ターキーレースを応援する両親ら
cheering Turkey Race


それぞれてんでにおしゃべりしたりバラバラと散らばっている。号令がかけられたり、説明があったりするようなことは一切無し。そのうち何となく小さい生徒から順にレースが始まる。1位になった子は七面鳥キャラクターのついたシールを胸に貼ることができる。また、本物の七面鳥をもらえたりもするようだ。

アセレヘやマカレナなどのヒット曲が大音量でかかっているのだが、生徒やその両親が時々踊ったりする様子を見ているのも楽しい。皆、とても可愛い子ばかりで、幼稚園や学校を見てみたかったという願望もここで叶う。子ども達は、ピアスやネックレスなどのアクセサリーを付けたり、髪をキレイに結ったりしてとてもオシャレだ。お母さん方もとても迫力あるボディを、タイトなシルエットのニットで包んでいたりするので、格好よくて、見応えがある。

74
おしゃべりしながら応援する子ら
cheering


しかし、ビリになった子がそのままお母さんにしがみついて泣いたりしているのを見ると思わずもらい泣きしそうになる。1位の子達はひょうひょうとしている。いつもびりだった自分の小学生の頃を思い出す。しかし、1位から6位まで順位がはっきりつけられ、賞状をもらったりするような日本の運動会などよりもよほど気楽な感じがするのがいい。

73
走る子ら
running


昼はMarshallsやMontehiedra town centerというショッピングモールへ連れて行っていただく。CDショップで$16でBachataのDVDを購入。SalsaのCDなどもたくさんあってスバラシイ。また、KRESSという激安洋服店で、黒のドレスを$27で購入。いろいろ迷って試着したあげくそれにした。ワンピース型のちょっとドレッシーな感じのものがとても安く、豊富に揃っているのでついつい欲しくなっていたのだ。シンプルで踊りやすそうで、スタイルがよくみえるものを選ぶ。

家へ戻り、BachataやSalsaのMusicDVDを鑑賞。皆不細工で笑う。Bachataはたまに聴くととてもいいのだが、続けて聴くと何だか演歌調で笑える。映像もカラオケで流れるようなもので安っぽい。
夕方、ほかの日本人の方2人と合流し、ドレスアップした姿で記念撮影などして盛り上がり、お茶などしておしゃべり。

≫ サルサレッスンに ≪
その後、近くのスタジオにSalsaのレッスンを受けにいく。Raphael Pionという人が主催しているスタジオで、数人で個人レッスンを取っているものに混ぜていただいたのだ。基本の5ステップのほか、SweetHeartなどのステップを練習。手の型も6つあり、それぞれ決まっているということにとても驚く。ステップにもそれぞれ細かく名前がついていることも全然知らなかった。基本ステップが5つだということも知らなかった。ニューヨークでレッスンを受けたときに教わった5つのステップともまた違うのだ。ちなみにOn1。国や先生によって、スタイルはかなり異なるのだろう。

先生は男性だったが、彼がさらに難しいステップをやってみせてくれたときに、東京で何度か踊ったプエルトリコ人の男の子と動きがよく似ていたので、何故か納得。

手の振りを全然マスターできなかったので何度も練習した。1時間の練習はとても楽しかった。

211
先生の看板と同じポーズで撮影
Salsa lesson


家へ戻り、カレーや美味しい手作りのラムケーキをごちそうになって、満腹の後に就寝。
posted by しだみえ at 03:36| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 31-39:Puerto Rico[U.S.A.] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。